法人のETCカードは「大口・多頻度割引」のETCコーポレートカードに決まり!

比較

法人で申込みできるETCカードは4種類ある。どんなカードなのか?

法人向けETCカードの特徴
  • ETCコーポレートカード
    →高速料金が高額な法人向け
  • ETC法人カード
    →高速料金が低額な法人向け
  • ETCパーソナルカード
    →クレジット審査無し
  • ETCクレジットカード
    →発行手続きが簡単

この4種はそれぞれに特徴がある。比較するのは難しくない。

「毎月の高速料金」「主に利用する高速道路」「使いたい割引サービス」などから会社に合ったカードを選ぶことだ。

主に使う高速道路はネクスコなのか?都市型高速なのか?それぞれの利用料金などで比較する、といった具合だ。

そもそも高速道路は現金で支払うよりETCを使った方が料金が安い。そして車を所有していなくてもレンタカーなどで使う機会もあるだろう。

ETCカードは現代社会に必須のアイテムである。

当ラボはETCコーポレートカードに特化したサイトだが、今回は「ETCコーポレートカード」「ETC法人カード」「ETCクレジット」「ETCパーソナルカード」の4種の特徴やメリットを紹介する。

どれを選べば正解なのか参考にして欲しい。

なお、「ETCコーポレートカード」と「ETC法人カード」についてはテイ・ネット組合で発行したものとして比較をする。

ETCコーポレートカードおすすめの組合「テイ・ネット物流事業協同組合」
個人事業主もOK!おすすめETCコーポレートカード組合「テイ・ネット」のここが凄い!

大口・多頻度割引のETCコーポレートカードとは

ETCコーポレートカード

ETCカードの中で最高峰に位置するのはETCコーポレートカードだ。

毎月の高速料金が数百万円にも達する運送業や卸売業などの物流系企業はまず導入している。

ネクスコ系の高速道路を数十万~数百万円レベルで使っている法人はETCコーポレートカードを強く推奨する。

「大口・多頻度割引」の制度が付与され、休日割引や深夜割引を併用すると50%近く割引できる使い方もできる。

ETCコーポレートカードの割引率で具体的に割引計算してみよう
ETCコーポレートカードのウリは「割引率が最大40%」だ。 実際は「深夜割引」「休日割引」を併用することで、計算上では高速料金を50%近くまで割引くことが可能である。 ただし、ETCコーポレートカードの割引計算はやや複雑だ。使い...

ETCコーポレートは割引率・サービス・品格どれをとっても一級品。ETCのプラチナカード的な存在と言っても良いだろう。

メリット
  • 高速料金が大幅割引
  • 深夜・休日割引の併用可
  • 利用明細の一元管理

ETCコーポレートカードは恩恵が大きい反面、利用に関して様々な厳しいルールが設けてある。

デメリット
  • 月3万円(年間36万円)以上の利用ノルマ
  • ETCマイレージサービス非対応
  • 発行まで1ヶ月かかる
  • 別の車で使えない
  • 規約違反は利用停止措置もある

利用者によってはデメリットになる可能性がある。もっと深く知りたいのであれば別記事を参考に。

ETCコーポレートカードのメリットとデメリット
大口・多頻度割引制度のETCコーポレートカードのメリットとデメリットを分かりやすく詳しく説明します。

法人ETCカードとは

ETC法人カード

ETC組合が発行する「ETC法人カード」は特待した割引はないがETCコーポレートカードのように敷居が高いわけでもない。

組合によって提携元が違うらしくカードのデザインは様々だ。

利用規定も甘く、ETC車載器が付いている車であればレンタカーなどでも使用可能である。

法人カードの中では一番お手軽なETCカードと言えよう。

利用明細はETCコーポレートカードと同等のものが発行され、マイレージサービスも組合が代行してくれる(※対応しない組合もあるので注意)

無料のETCマイレージサービスを使え!ポイントを貯めてお得にドライブ
走った分だけマイレージが貯まる「ETCマイレージサービス」について説明しています。

クレジットカードが作れない設立して間もない法人に需要があるようだ。

メリット
  • クレジット審査がない
  • ETCマイレージサービス付き
  • 1枚のカードで使い回しができる
  • 利用明細の一元管理

デメリットは「法人」という冠が付いておきながら「法人割引き」の類がない点だ。

割引サービスだけで比較すると現金で支払うよりマシ程度である。

ETCパーソナルカードとは

ETCパーソナルカード

ETCコーポレートカードの他にネクスコが発行するETCカードがある。それが「ETCパーソナルカード」だ。

クレジット機能がないため比較的審査が緩い。ただし4ヵ月分の保証金とカード1枚あたり1,257円の年会費がかかる。

法人で申込みをするなら登記簿謄本も必要だ。

ETCマイレージサービスも登録できるが、それなら組合が管理してくれる「ETC法人カード」を申し込みした方が良いだろう。

ETCクレジットカードとは

ETCクレジットカード

一番メジャーなのは三井住友、アメックス、セゾンなどクレジットカード会社が発行するETCカード。

業界では「ETCクレジットカード」と呼んでいる。

個人で持つことも多いので一番馴染みがあるETCカードと言えよう。

クレジットカードのオプションである為、まずはクレジットカードを発行する必要がある。

既にクレジットカードを持っていればETCカードの発行は早い。

法人であればビジネスカードを申し込むのが一般的だが、代表者や役員の個人カードを使っているケースも多い。

法律上何の問題もないが経費の仕分け作業が発生する。早めにビジネスカードに切り替えるのが得策だ。

意外と知らない人がいるようだがETCマイレージサービスは個人のクレジット系ETCカードでも登録することもできる。

またクレジットカードのポイントが貯まるのもメリットだ。

メリット
  • 発行が早い
  • ETCマイレージサービス(手動)
  • クレジットのポイントも貯まる

デメリットはクレジットの審査がある点だ。実績の無い法人はクレジット審査で落ちるケースも少なくない。

審査に落ちてしまえば当然ETCカードも発行できない。

ETCカード比較まとめ

「ETCコーポレートカード」「ETC法人カード」「ETCパーソナルカード」「クレジット系ETCカード」の特徴からどのカードを選べば良いのか概ね想像できたと思う。

ネクスコ管轄の高速道路を月に3万円以上使っているなら組合が発行するETCコーポレートカードがおすすめだ。

数々の条件があるが若い法人でも受付けてくれるので一度トライして欲しい。

ETCコーポレートカードおすすめの組合「テイ・ネット物流事業協同組合」
個人事業主もOK!おすすめETCコーポレートカード組合「テイ・ネット」のここが凄い!

高速料金が月に3万円未満でもETCコーポレートカードの発行はできる。ただし組合を利用でないため本人がネクスコに直接申し込まなければならない。

その場合は4ヶ月分の保証金を積む必要があるので予算を確保しよう。

ETCコーポレートカードは個人で申し込み通勤でも使える
個人で申し込みするETCコーポレートカードにメリットはあるのか?解説します。

ネクスコ管轄の高速道路が月に1万円未満ならETCコーポレートカードとETCクレジットカードを比較する必要がある。

ETCマイレージサービスの方が安くなる場合があるからだ。

ETCコーポレートカードとETCマイレージサービスの割引比較→どっちが得?
どっちがお得?ETCコーポレートカードとETCマイレージサービス比較。

高速料金が月に5,000円未満ならETC法人カードかクレジット会社系になるだろう。

5,000円未満だと大口・多頻度割引制度が効かないためETCコーポレートカードだと1円も割引されない。

法人ETCカードとクレジット系のETCカードの比較は利用方法による。

設立間もない法人は組合に加入して「ETC法人カード」を発行する方が無難だ。クレジット審査に蹴られでもしたら時間の無駄になる。

毎月送られてくる整理整頓された利用明細にマイレージサービスも代行してくれるのは手間も省ける。通常業務に集中できるのは法人として正しい。

クレジットカードを持っている、もしくは審査が通る見込みがあるならクレジット系ETCカードでも良い。発行が簡単だしクレジットポイントも付くからだ。

ただしマイレージサービスを自分で登録しないと旨味が少ないので注意が必要だ。

ETCクレジットカードは、無料で発行してくれるクレジット会社もあれば年に1度でも使えば無料、年会費のみ徴収など体制は様々だ。

カード会社のシステムを調べる必要もある。

クレジットカードの比較サイトはネット上に掃いて捨てるほどあるので気になるようならググってくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました