法人におすすめETCコーポレートカードを徹底比較

比較

ETCコーポレートカードは、法人におすすめのETCカードだ。

法人名義で申込みできるETCカードは4種類ある。どのETCカードを使用してもETC割引は適用されるが、高速道路を頻繁に使うのであれば、「大口・多頻度割引割」が付いたETCコーポレートカードがおすすめだ。しかし、手続きに手間がかかったり、普通に申込むと保証金が必要だったりするため、使用頻度が低いならクレジット会社が発行するETCカードがお手軽だ。

今回の記事では、4種類の法人ETCカードを比較して「審査内容」「発行の手軽さ」「複数枚所持」「クレジット機能の有無」「割引率」などのサービスから「選ぶべき法人用のおすすめETCカード」を紹介する。

法人ETCカードはお得でおすすめ

まず一つ知っておいてももらいたい。基本的に高速道路はETCカードを使った方が料金が安くなるケースが多い。

ETC車載器を使わずに「ETCカードを手渡し」で使用した場合は割引されないこともある、ETCカードは現金精算より優遇されている。

また、ETCマイレージサービスに登録すれば、マイレージポイントの他に休日割引や時間帯割引も利用できる。

無料のETCマイレージサービスを使え!ポイントを貯めてお得にドライブ
走った分だけマイレージが貯まる「ETCマイレージサービス」について説明しています。

ETC車載器の取り付け費が1~2万円かかったとしても、ETC割引を活用すれば回収はそう難しくない。

その他にも、現金精算の作業がなくなり経理の負担が減る、最近のレンタカーはほぼETC車載器が搭載されている、などなど、ETCカードは現代社会に必須のアイテムとなっている。

おすすめ法人ETCカードの比較ポイント

社用車が無くても1枚は所有していたいETCカードだが、法人名義で申込み・発行できるETCカードは全部で4種類ある。

法人向けETCカードの種類
  • ETCコーポレートカード
    最も割引率が高い
  • ETC法人カード
    審査がゆるい(後払い)
  • ETCパーソナルカード
    審査がゆるい(前払い)
  • ETCクレジットカード
    クレカを持っているなら発行手続きが簡単

それぞれの詳しい説明は後述するとして、今回のお題は「どの法人ETCカードがオススメなのか?」だが、結論から言えば会社のスタンスに合わせるのが正解である。

「高速道路の利用頻度」「社用車の台数」「会社の設立年月日」などを把握し、使い勝手の良い法人ETCカードを選ぶことが重要だ。

4種類の法人用ETCカードの特徴を比較してみよう。

おすすめ法人ETCカード「ETCコーポレートカード」

ETCコーポレートカード

ETCカードの中で、最も割引されるのがETCコーポレートカードだ。大口・多頻度割引は「普通車なら最大30%、ETC2.0の事業用車両(緑ナンバー)なら40%」まで割引される。

「大口・多頻度割引」と合わせて、「休日割引」や「深夜割引」を併用すると50%近く割引されることもある。ETCコーポレートカードは、運送業や卸売業などの「物流系」の法人はまず導入している。

コーポレートと名前が付いているが、個人でも申込み可能で、5,000円以上の利用から割引があるため、敷居は高くない。

しかしETCコーポレートカードの申込みには謄本や車検証の写しなどが必要で、手間がかかる上に申込みから発行まで1カ月ほど期間を要する。また、使いまわしができない(他の車で使えない)デメリットもある。

計算上では「高速代を毎月コンスタントに13,800円以上使っている」なら、ETCコーポレートカードがおすすめだ。高速代が13,800円前後の際どい場合は、他のETCカードと比較する必要がある。

おすすめETCコーポレートカードのメリットとデメリット

メリット
  • 高速料金が大幅割引
  • 深夜割引と併用可能
  • 休日割引と併用可能
  • 平日朝夕割引は利用可能(併用不可)
デメリット
  • 4ヶ月分の保証金
  • ETCマイレージサービス不可
  • 申込みが手間
  • 申込みから発行まで1カ月
  • 別の車で使えない
  • 規約違反は利用停止措置もある

ETCコーポレートカードの申込みはネクスコ(高速道路株式会社)で受け付けているが、普通に申込みをすると「4ヶ月分の保証金」が必要になる。

月々の高速代が3万円以上なら「ETC協同組合」に加入して保証金を免除することも可能だ。

ETCコーポレートカード事業協同組合とは?ネクスコよりお得なETC組合
ETCコーポレートカードは法人向けのETCカードだ。発行と管理は高速道路株式会社(ネクスコ)が管轄しているが、関連機関として「事業協同組合」が存在する。 いわゆる「ETCコーポレートカード協同組合」「ETC協同組合」などと呼ばれている...

新設法人OKの後払い制「法人ETCカード」

ETC法人カード

ETC法人カードは「ETC協同組合」が発行する後払い制のETCカードだ。ETCコーポレートカードとは異なり、月々の高速代が3万円未満でも加入できる。

ETCコーポレートカードのような特別な割引サービスはないが、デメリットはほぼ無い。

利用規定も甘く、ETC車載器が付いている車であればレンタカーやリース車などでも使用可能である。法人カードの中では一番お手軽なETCカードと言える。

利用明細はETCコーポレートカードと同等のものが発行され、マイレージサービスも組合が代行してくれる(※対応しない組合もあるので注意)

無料のETCマイレージサービスを使え!ポイントを貯めてお得にドライブ
走った分だけマイレージが貯まる「ETCマイレージサービス」について説明しています。

クレジットカードがない、クレジットカードが作れない、設立して間もない法人、などに需要があるようだ。

法人ETCカードのメリットとデメリット

メリット
  • 審査がゆるい
  • ETCマイレージサービス付き
  • 1枚のカードで使い回しができる
  • 複数毎発行できる
  • 利用明細の一元管理
  • 支払いは後払い(口座引き落とし)
デメリット
  • 特別な割引サービスがない

デメリットは「法人」という冠が付いておきながら「法人割引き」の類がない点だ。現金で支払うよりマシ程度である。

デポジット制の「ETCパーソナルカード」

ETCパーソナルカード

クレジットカードがない法人向けの「ETCパーソナルカード」はネクスコ(高速道路株式会社)が発行している。デポジット(保証金)の80%を限度額として利用できる。

クレジット機能がないため比較的審査が緩い。ただしカード1枚あたり1,257円の年会費と、法人で申込みをするなら登記簿謄本の提出が必須だ。

ETCマイレージサービスは自分で登録して管理する必要がある。手間と感じるならETC協同組合の発行する「ETC法人カード」を申し込みした方が良いだろう。

ETCパーソナルカードのメリットとデメリット

メリット
  • 審査がゆるい
  • ETCマイレージサービスに登録可能
  • 1枚のカードで使い回しができる
デメリット
  • デポジット制(前払い)

クレジット会社発行の「ETCクレジットカード」

ETCクレジットカード

最も馴染みがあるETCカードは、クレジットカード会社が発行するETCクレジットカードだ。

三井住友、アメックス、セゾンなど、大抵のクレジットカード会社がオプションとして発行している。

クレジットカードのオプションであるため、まずはクレジットカードを申込むことが条件だが、既にクレジットカードを持っていればETCカードの発行は手軽で早い。

法人であればビジネスカードを申し込むのが一般的だが、代表者や役員の個人カードを使っているケースも多い。

従業員が個人名義のETCカードを使い、経費として計上しても問題もないが、経理担当の手間が発生する。早めにビジネスカードに切り替えるのが得策だ。

また、意外と知らない人がいるようだが、ETCマイレージサービスは個人のETCクレジットカードでも登録できる。

無料のETCマイレージサービスを使え!ポイントを貯めてお得にドライブ
走った分だけマイレージが貯まる「ETCマイレージサービス」について説明しています。

ETCクレジットカードは、クレジットカードのポイントが貯まるのもメリットだ。

ETCクレジットカードのメリットとデメリット

メリット
  • (クレカを持っていれば)発行が早い
  • ETCマイレージサービスに登録可能
  • クレジットのポイントも貯まる
デメリット
  • クレジット審査がある

デメリットはクレジットの審査がある点だ。

設立して間もなく実績が無い法人はクレジット審査で落ちるケースも少なくない。審査に落ちてしまえば当然ETCカードも発行できない。

おすすめ法人ETCカードの比較まとめ

法人名義で申込みできる4種類のETCカードについて解説をした。まとめると、優先順位を付けるなら下記のようになる。

  1. ETCコーポレートカード
  2. ETCクレジットカード
  3. ETC法人カード
  4. ETCパーソナルカード

高速道路の料金が月に3万円以上使っているならETC協同組合が発行するETCコーポレートカードがおすすめだ。

4ヶ月分の保証金が免除されるうえに、設立して間もない若い法人でも申込み→発行できる。

ETC協同組合は全国に200以上あるが、当ラボがおすすめしているのは「テイ・ネット組合」だ。

ETCコーポレートカードおすすめの組合「テイ・ネット物流事業協同組合」
個人事業主もOK!おすすめETCコーポレートカード組合「テイ・ネット」のここが凄い!

高速料金が月に3万円未満でもETCコーポレートカードを利用できるが、基本的にETC協同組合への加入はできない。

本人がネクスコに直接申し込まなければならないため、4ヶ月分の保証金を積む必要がある。予算を確保しよう。

ETCコーポレートカードは個人で申し込み通勤でも使える
ETCコーポレートカードは個人で所持できるのか?という話題が定期的にあがる。結論から言うと答えは”YES”だ。 ETCコーポレートカードは個人で申し込み、発行、利用できる。そして通勤で使うのも問題はない。ETC車載器を搭載していればバ...

高速道路が月に13,800円前後ならETCコーポレートカードと他の法人ETCカードを比較する必要がある。

ETCマイレージサービスの方が安くなる場合もあるし、クレジットカードのポイントも考慮する必要がある。

ETCコーポレートカードとETCマイレージサービスの割引比較→どっちが得?
どっちがお得?ETCコーポレートカードとETCマイレージサービス比較。

ETCコーポレートカードを諦めるならクレジットポイントが貯まるETCクレジットカードをすすめる。

ETCマイレージサービスに登録すればそれなりの割引サービスが付与されるし、ETCカード自体の手数料は無料のケースが多い。

設立1年未満でも申込みを受け付けてくれるクレジットカードは出てきているが、それでもやはり審査は厳しい。

新設したばかりの法人であればETC法人カードだ。

ETC法人カードはETC組合が発行しマイレージ管理もしてくれるため面倒な手間は一切ない。

ETC法人カードに「大口・多頻度割引」はないが、ETCコーポレートカードと同じような分かりやすい利用明細サービスはある。

クレジット審査が通らず、ETC組合のような団体に入りたくない場合はETCパーソナルカードだ。

メリットを感じることは少ないだろうが、ある意味一番気楽なETCカードではある。

タイトルとURLをコピーしました