ETCコーポレートカード協同組合を比較しておすすめ組合を探す

比較

ETCコーポレートカード組合は全国で200以上あると言われている。

所在地がどこであっても好きな組合を選んで加入できる。いわゆる選び放題なわけだがこれがこれが逆に厄介だ。

200もの数からは選びきれない。かと言って適当に選んでしまえば条件の悪い組合に引っかかってしまうリスクもある。

ETCコーポレートカードを知ったばかりの人にとっては「一体何を基準に比較したらよいのか?」大いに悩む事だろう。

だが理解してしまえばポイントはそう難しいことではない。

組合比較項目
  • 組合加入条件(出資金や業種)
  • サービス内容(割引率や割引対象道路)
  • 組合員への対応(アフターケア)

この3項目は組合によって異なるケースも珍しくないので重要だ。

更に言えば、組合は「管理・サポート」も行っている。単に申し込みの窓口だけの存在ではないのだ。

長い付き合いになるため組合選びは非常に重要である。

ここでは組合を選ぶポイント(比較のコツ)を記事に残しておく。

なお自分で調べるのは面倒だ!と思う人は、当ラボが調べ尽した「テイ・ネット組合」をオススメする。

ETCコーポレートカードおすすめの組合「テイ・ネット物流事業協同組合」
個人事業主もOK!おすすめETCコーポレートカード組合「テイ・ネット」のここが凄い!

ETCコーポレートカード組合比較のすすめ

なぜ組合を比較して選ぶ必要があるのか?

その疑問を解く前に、組合で発行するETCコーポレートカードのメリットをおさらいしよう。

組合のメリット
  • 申し込みサポート
  • 4ヶ月分の保証金が不要
  • 利用明細の整理
  • 請求書の一元管理

カードの申込みは高速道路の管理会社ネクスコでも受付けているが、組合のメリットはかなり大きい。

ETCコーポレートカード「事業協同組合」とは?ネクスコよりお得なETC組合
ETCコーポレートカードを申込む方法は2つのルートがある。 高速道路を管理する企業(ネクスコ)の窓口から申込む ETC組合に加入して申込む どちらで申込みしても同じETCコーポレートカードが発行される。 組合名が...

特に4ヶ月分の保証金は馬鹿にならない。

まず注意が必要なのは、保証金が必要な組合もあるという点。

また組合によって提供されるサービス、割引がバラバラだ。そのため組合同士をじっくり調べて比較する必要がある。

割引率を誤魔化す悪質な組合もあると聞く。

「ETCコーポレートカードで経費削減するつもりが高くついてしまった」という相談は実際にあった話しだ。

組合を比較する理由「組合の変更はタイムロス」

万が一、悪質な組合でETCコーポレートを発行してしまった場合はどうすれば良いのか?解決するには少々厄介だ。

一度、組合でETCコーポレートカードを発行してしまうと、追加のカードは同じ組合を利用しなければならない。

別の組合でカードを申込みするには、利用中のETCコーポレートカードを一旦解約してからになる。

もちろん組合の利用中は「ネクスコの窓口で新規の申し込み」をすることもできない。

組合変更の手順
  1. カード解約
  2. 組合を退会
  3. 別の組合に加入
  4. カードの発行

再びETCコーポレートを利用できるまで最短でも1ヶ月の空白期間が出る。

当然その間は「大口・多頻度割引制度」の利用ができない。

条件の悪い組合に入ってしまうと、乗り換えるのに「1ヶ月の機会損失」と「手続きの二度手間」をクリアしなければならない。

そうならないために優良な組合を比較し選ぶのだ。

ETC組合の比較ポイント

優良なETCコーポレートカード組合を選ぶポイントは、一言でいうなら「組合の概念」にある。

株式会社は資本中心の組織であり、利益を上げ株主に配当することが目的とされている。

対して組合は、組合員という限定された人を組織の基本としており、相互扶助が根幹にある。

別の言い方をするなら「組合は組合員のための組織」ということだ。

優良な組合は総じて組合員への貢献度が高い。

優良組合の特徴
  • 組合員の負担が少ない
  • 組合員をサポートしている
  • 組合員を管理している

比較ポイント①組合員の負担が少ない

ETCコーポレートカードの発行にはある程度の初期費用が必要だ。

一般的に必要な初期費用は下記の通り(順を追って説明する)

カード発行の初期費用
  • 保証金(組合によって無し)
  • 発行手数料(629円)
  • 取扱手数料(629円)
  • 組合加入出資金(退会時に返却)
  • その他郵送代など

保証金の有無

保証金は言わば預け金だ。未払いが発生した時に差し引かれるもの。預けたお金はETCコーポレートカードの退会と同時に返却される。

多くの組合が保証金を免除にしているが保証金を徴収する組合も少なくない。

いずれ返却されるものだ。4ヵ月分の負担が問題ないのであればこの項目は気にしなくても良い。

発行手数料と取扱手数料

「発行手数料」は言いかえればカード本体の料金だ。紛失・破損による再発行時にもかかる。

また「取扱手数料」は毎年4月1日に徴収される。

この2つの手数料は、カード発行元のネクスコが請求しているものであり、それを組合が代行して支払っている。

両項目とも629円だが料金の上乗せ、別項目を設けて費用に混ぜている組合がある。

保証金とは違い、上乗せされた手数料は戻ってこない。

「カードの枚数」と「利用期間」が多いほど負担が大きくなるので、比較する時には注視する項目だ。

組合加入出資金

組合に加入するには出資をすることが義務付けられている。

多くの組合が1口1万円に設定しており退会時に返却される制度だ。

しかし「組合費」などとして毎月料金を徴収している組合も稀にある。

組合費を毎月支払うパターンは退会時に返却されないことが多いため、そのような組合は比較対象から除外するのが利口だ。

その他郵送代など

その他に「謄本の発行手数料」や「書類の郵送代」などがある。

組合から郵送される「利用申込書」に返信用封筒が同封されていれば郵送代の負担はない。

料金は微々たるものだが「優良組合」を判断するバロメーターとしては重要なポイントである。

比較ポイント①サポートが手厚い

組合執行部のサポートも組合比較をする上で重要なポイントだ。

ただし加入前に判断できることは限られている。「問合せから返答の早さ・正確さ」程度であろうか。

メールで問合せをしても返答がない組合もある。申込み以外受付けていない怠慢な組合だ。

人を見る社会人としてのスキルが役に立つ。

比較ポイント③厳格な組合員の管理

実際にETCコーポレートカードを発行してからでないと分からない点が組合員の管理だ。しっかりと管理している組合は優良と言える。

ここでの管理とは、組合を解散させないように監視するリスク管理。

例えば、ある組合員が規約違反をして利用停止措置を受けたとする。

車両単位なら問題はないが契約者単位のペナルティは組合全体に影響する。

ETCコーポレートカードの利用停止措置とは?ペナルティに注意すべき点
ETCコーポレートカードの発行に関係する「事業協同組合」について解説しています。

悪質な違反を繰り返す組合員が一人でもいると、同じ組合で発行した全てのETCコーポレートカードが停止措置されてしまうケースがある。組合存続の危機だ。

その最悪のケースを回避するために執行部は管理の手を緩めない。

もし仮に組合からキツイ警告を受けたのであれば、それは組合存続のための措置であり逆切れすることでは決してない。

違反者に厳しい措置を下す組合は優良なのだ。

ETCコーポレートカード組合比較のまとめ

ETCコーポレートカード組合を比較するのがいかに大事なことか、また比較するポイントも理解できただろうか。

いい加減な組合に加入してしまうとETCコーポレートカードの恩恵が少なくなるどころかマイナスになってしまうこともある。

それに気付いて組合を変更しようにも1ヶ月以上のタイムロス(機会損失)と手数料など無駄な支払いが生じる。

健全な運営をしている組合を選ぶことはとても重要だ。

組合を選ぶポイントは「組合員を大事にしている」の一点である。

色々な組合を比較することを推奨する。

全ての条件をクリアしたテイ・ネット組合

人間が何か比較をするのに丁度よい数は「5±2」と言われている。200組合の比較は簡単にできるものではない。

当ラボが自信を持って紹介するテイ・ネット組合は「優良組合の条件」を全てクリアした本物だ。

是非比較対象に入れて欲しい。

ETCコーポレートカードおすすめの組合「テイ・ネット物流事業協同組合」
個人事業主もOK!おすすめETCコーポレートカード組合「テイ・ネット」のここが凄い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました